Urban Robot Chocolat/アーバン ロボット ショコラ

複数のGmailユーザーが「自分のアドレスからスパムメールが送信されている」と訴える

2018年04月23日 12時30分00秒
https://gigazine.net/news/20180423-gmail-spam-from-themselves/

Gmailユーザー「自分のアドレスからスパムメールが送信されている」
1 by notoriousxl

Gmailユーザーの一部から「送信済みフォルダに覚えのないスパムメールがたまっていた」と多数報告されていると、ブログメディアのMashableが報じています。スパムメールの送信元がなぜかユーザー自身のアドレスとなっているため、Gmailの迷惑フィルターから漏れてしまい、送信済みフォルダにたまってしまうとのことで、Googleは対策を講じているとのことです。

People's Gmail accounts appear to be sending out spam
https://mashable.com/2018/04/22/google-gmail-spam-telus/

Mashableの編集者は日曜の朝に大量のスパムメールが送信済みフォルダにたまっていることに気づきました。スパムメールのヘッダー部分を見ると、なんと送信元は自分自身のメールアドレスになっていたとのこと。その後、編集者はパスワードを変更し、メールを削除したそうですが、GoogleのGmailヘルプフォーラムでは、Mashable編集者が確認したものと同様のスパムメールが複数報告されていました。

Gmailユーザー「自分のアドレスからスパムメールが送信される」2
2

例えば、4月21日の報告では「私のメールアカウントから、私の知らない10個のメールアドレスに過去1時間に3つのスパムメールを送信していました。すぐにパスワードを変更しましたが、その後も同じことが起こり、その都度パスワードを変更しています」とあり、それに対して「私も同じ状況です」というコメントがいくつも寄せられています。

Gmailユーザー「自分のアドレスからスパムメールが送信される」3
3

Mashableの編集者を含め同じ状況に陥ったユーザーの一部は、「二段階認証」を利用して、セキュリティを強化していました。二段階認証は、普段利用しているパスワードの他に、ユーザーの手元にあるスマートフォンや携帯電話で取得したメッセージを使ってログインする仕組みで、アカウントの乗っ取り対策として非常に有効なシステムです。それだけに、今回のスパムメール騒動では「乗っ取られるはずのないアカウントが乗っ取られたのでは」と不安に思うユーザーが続出しています。

Googleの広報担当者は、Mashableに対して「GoogleはGmailユーザーのごく一部に影響をあたえるようなスパム行為を認識し、対策を講じています。このスパム行為は、メールのヘッダー部分をあたかもユーザーが自分自身から受け取るように見せ、迷惑メールを送信済みフォルダで表示させるものです。Googleは今回の問題を認識していますが、この事件でアカウントがハックされたとは考えられません。不審なメールに気づいた場合は、スパムとして報告することをおすすめします」と回答したとのこと。

実際に、GoogleスタッフのSeth Vargoさんは、Twitter上の「私のスパムフォルダが、私の送ったスパムメールで埋まっちゃった」という苦情に対して、「教えてくれてありがとう。Googleのエンジニア一同もこの問題を確認し、解決に取り組んでいます」というリプライを返していました。



また、Googleヘルプフォーラムでは、ヘッダーを偽造するスパムメールの多くが、送信元に表示される自分のメールアドレスの後ろに「via telus.com」と追記されていると指摘されていました。Telusはカナダの電気通信会社で、この問題にどのように関わっているのかは不明ですが、Telusの広報担当者はMashableに対して「一連のメッセージはTelusで作られたものではなく、Telusのサーバーから送信された記録もありません。現在解決に取り組んでいるところで、疑わしいメールには返信しないよう注意をお願いします」とコメントしています。

Gmailユーザー「自分のアドレスからスパムメールが送信される」4
4



カメが爆発的繁殖…池“満杯” 飼育者の高齢化で

2018年4月23日 18時49分 テレ朝news
http://news.livedoor.com/article/detail/14620150/

カメが爆発的繁殖池満杯 飼育者の高齢化で 静岡県河津町 動物園
カメが爆発的繁殖…池“満杯” 飼育者の高齢化で

 動物園の池はカメだらけでパンク寸前だ。実はこのカメたちはすべて、家庭などで飼いきれなくなって持ち込まれたものだ。カメを収容するための新しい池を建設するなど動物園は対応に追われていた。

 ここは静岡県河津町にあるヘビやワニなどを展示している体感型の動物園。折り重なるように飼育されている大量のカメ。その数、約400匹。飼育されているのはミドリガメ。すべて家庭などで飼いきれなくなり、持ち込まれたものだ。5年前からミドリガメの引き取りを始め、今では多い時で月に50件ほどの依頼があるという。ただ、受け入れるカメの数にも限界が。ミドリガメことミシシッピ・アカミミガメは北アメリカ原産の外来種だ。環境省によると、野外で生息しているミドリガメは全国で推計約800万匹。爆発的な繁殖力のため、どんどん数が増えている。一方、引き取ったカメであふれ返る動物園。この日、飼っていたカメを引き取ってもらおうと一組の家族がやってきた。子どもが飼い始めたミドリガメを28年間世話をしてきたが、70歳を過ぎた今、体力の限界で泣く泣く持ち込んだ。増え続ける園内のカメ。満杯状態になったため、園では対策に乗り出した。長さ25メートル、幅8メートル。ミドリガメを受け入れるための巨大な池を作っていた。動物園は家庭でミドリガメが飼いきれなくなった場合、まずは事前に電話などで相談してほしいとしている。



住宅のあちこちから火が…4棟燃える火災、1人けが

2018/4/23(月) 17:00配信 テレ朝 news
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20180423-00000030-ann-soci

 住宅のあちこちから火が4棟燃える火災、1人けが愛知県刈谷市

23日午後、愛知県刈谷市で住宅4軒が燃える火事があり、うち2軒が全焼しました。全焼した家に住む男子高校生が軽傷です。

 午後1時半ごろ、刈谷市の住宅街で「建物から火が出ている」と通り掛かった人から119番通報がありました。警察などによりますと、消防車14台が出動して火は約1時間後に鎮圧されましたが、住宅など2棟が全焼して1棟が半焼、1棟の一部が燃えました。この火事で全焼した家に住む15歳の男子高校生が病院に運ばれましたが、軽傷だということです。他にけが人はいませんでした。消火活動は今も続いています。鎮火を待って、警察と消防が火事の詳しい原因を調べるとしています。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ


TOPProfile