Urban Robot Chocolat/アーバン ロボット ショコラ

湖池屋、「KOIKEYA PRIDE POTATO 松茸香る極みだし塩」を一時販売休止 2017年2月20日 16時4分 マイライフニュース http://news.livedoor.com/article/detail/12698643/  湖池屋は、2月6日から全国コンビニエンスストア、2月13日から全国スーパーマーケット等、一般チャネルで発売した「KOIKEYA PRIDE POTATO」ブランドについて、当初の販売計画を大幅に上回り、十分な供給量を確保できない状況となったため、2月14日から「KOIKEYA PRIDE POTATO 秘伝濃厚のり塩」、「KOIKEYA PRIDE POTATO 松茸香る極みだし塩」に生産を集中し、安定供給を図るため、「KOIKEYA PRIDE POTATO 魅惑の炙り和牛」の販売を一時休止(同社出荷停止)した。しかし、現在においても安定供給の目途が立たないことから「KOIKEYA PRIDE POTATO松茸香る極みだし塩」についても、販売を一時休止(同社出荷停止)する。  今後、十分な供給体制を確立した上で「KOIKEYA PRIDE POTATO 松茸香る極みだし塩」、「KOIKEYA PRIDE POTATO 魅惑の炙り和牛」ともに、できるだけ早い時期に販売を再開できるよう、鋭意努力していくとのこと。なお、「KOIKEYA PRIDE POTATO 秘伝濃厚のり塩」については販売を継続する。  「KOIKEYA PRIDE POTATO 松茸香る極みだし塩」は、焼津産かつお節と、日高産昆布の重なり合う2つの旨味に、松茸の風味を加えることによって、奥深い和食ならではの味わいを感じられる「和にこだわった」ポテトチップスに仕上げた。「KOIKEYA PRIDE POTATO 魅惑の炙り和牛」は、厚く切った高級和牛を炭火で炙ったような、香ばしくてジューシーな旨味に、黒胡椒で味にキレを加えた濃厚な味わいが楽しめるという。 [小売価格]オープン価格 湖池屋=http://koikeya.co.jp

民進・菅直人元首相「金正恩氏殺害など嫌なニュースが続く」とツイート 現在は削除 産経新聞 2/20(月) 17:40配信 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170220-00000538-san-pol  民進党の菅直人元首相は20日、自身のツイッターに「金正恩氏殺害など嫌なニュースが続く」と書き込み、後に削除する一幕があった。元首相が北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が殺害されたと指摘したためインターネット上で話題となったが、菅氏は単にマレーシアで殺害された正恩氏の兄である金正男氏と名前を間違え、あとで気付いて削除したものとみられる。  ツイートは金氏の言及に続き「その中で3・11(東日本大震災の発災日)が近づき、福島原発の現状についての報道も見られる。原発内部の核物資は原爆よりも格段に多い。事故であれテロであれ、国内の原発の破壊を防ぐことは日本の安全にとって最重要課題。再稼働せず順次廃炉にすることが最善であることは自明だ」とつづった。  ツイートは20日午後5時現在、削除されているため閲覧できないが、ネット上では「魚拓」と呼ばれる菅氏のツイートをコピーした画像が拡散されている。
菅直人元首相Twitter全文 金正恩氏殺害など嫌なニュースが続く。その中で3.11が近づき、福島原発の現状についての報道も見られる。原発内部の核物資は原爆よりも格段に多い。事故であれテロであれ、国内の原発の破壊を防ぐことは日本の安全にとって最重要課題。再稼働せず順次廃炉にすることが最善であることは自明だ。

ベッキー“裸一貫”の覚悟 宝島社の新聞広告に登場

オリコン 9月29日(木)2時0分配信 http://www.oricon.co.jp/news/2064601/photo/1/?anc=142

ベッキー“裸一貫”の覚悟 宝島社の新聞広告に登場FULL (画像;ベッキーを起用した宝島社の企業広告「あたらしい服を、さがそう。」 宝島HP 写真クリックで拡大表示(サイズ;1280x834px))

 タレントのベッキー(32)が、29日の日本経済新聞朝刊(全国版)に掲載される出版社・宝島社の企業広告にモデルとして起用されたことが、明らかになった。カラーの見開き広告で、上半身に何も身に着けていない“背中ヌード”を披露し、「あたらしい服を、さがそう。」というメッセージを体現している。

【写真】樹木希林を起用した今年1月の宝島社の企業広告

 今年の芸能ニュースの主役になったベッキーが、裸一貫の覚悟を示した。商品名を打ち出さず、社会にタイムリーでエッジの効いた提言を投げかける同社の企業広告は、発表されるたびに話題に。今年1月に女優の樹木希林を起用した「死ぬときぐらい好きにさせてよ」は、今年の読売広告大賞グランプリをはじめ、多くの賞を受賞した。今回のベッキーの広告も、賛否両論が飛び交い大きな話題を巻き起こしそうだ。

 制作スタッフによると、ベッキーにリラックした状態で撮影に臨んでもらうため、撮影場所に選ばれたのは太陽の自然な光が入り込む閑静な住宅街のスタジオ。クラシック音楽を流し、スタッフを最少人数に抑えたアットホームな雰囲気の中、「メッセージに合った表情や動きを追求し、ベッキーさんとも相談を重ねて撮影をおこない、数あるカットの中からベストな1枚を選んでいます」と明かした。

 フォトグラファーは、1960年代からロンドンでキャリアを重ね、日本のファッション写真を第一線でリードし続けてきた巨匠・与田弘志氏。各時代のセンスを撮り続けきたそのカメラで、ベッキーのありのままの姿をとらえている。

 今回の広告は、メッセージと社名、そして斜め上を見上げる裸のベッキーの写真だけという、シンプルな内容。同社は「企業理念として『人と社会を楽しく元気に』を掲げ、広告でもそのメッセージを発信したい」としているが、今回の広告について詳細な説明をしていないため、真意については受け取る側に解釈を委ねている。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ


TOPProfile