Urban Robot Chocolat/アーバン ロボット ショコラ

乳酸菌飲料ピルクル42万個回収 日清ヨーク、味に違和感

2017/10/18 16:36 共同通信
https://this.kiji.is/293286171315487841

日清ヨークが回収する「ピルクル」の対象商品
乳酸菌飲料ピルクル42万個回収日清ヨーク、
自主回収対象商品の一部=https://www.nissin.com/jp/news/6501 日清ヨーク お知らせ

 日清食品ホールディングス傘下の日清ヨーク(東京)は18日、乳酸菌飲料「ピルクル」の味が本来とは異なっている可能性があるとして、計42万5千個を自主回収すると発表した。原材料の砂糖の品質にばらつきがあったためで、飲んでも健康への影響はないという。

 回収対象はピルクルの65ミリリットル5本パック、65ミリリットル10本パック、500ミリリットル、千ミリリットルの4種類のうち、賞味期限が10月25~30日で、関西工場(兵庫県西脇市)で製造された商品。賞味期限の数字のあとに「NH」の製造所固有記号が記載されている。製品は全国で販売された。

月の地下に長さ50キロの空洞 探査機「かぐや」で判明

10/18(水) 11:10配信 朝日新聞デジタル
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171018-00000029-asahi-soci

月の地下に長さ50キロの空洞 探査機「かぐや」で判明
月の空洞のイメージ

 月の地下に、長さ約50キロに及ぶ長大な空洞があることが、日本の月探査機「かぐや」の観測データから判明した。過去の火山活動で生じたとみられる。宇宙航空研究開発機構(JAXA)が18日、発表した。

【写真】月の表面にある「マリウス丘」(JAXAなど提供)

 空洞があるのは、月の表側にある「マリウス丘」と呼ばれる領域。2009年に観測を終えたかぐやが撮影した画像に、直径と深さがそれぞれ50メートルの縦穴が写っていた。

 電波を使って得た周辺の地下構造のデータを、16年から詳しく調べたところ、この縦穴から西に向かって、幅100メートルほどの空洞が約50キロにわたって続いていることがわかった。内部は崩壊しておらず、地中の岩石などに氷や水が存在する可能性もあるという。

 月では約10億年前まで大規模な火山活動があったと考えられている。火山活動で溶岩が流れ出ると、表面は冷えて固まるが、内部は熱いまま流れ続ける。発見された空洞は、溶岩の通り道となった「溶岩チューブ」とみられる。

 将来、月の有人探査でこの空洞を基地に利用できれば、宇宙放射線や厳しい温度環境の影響を和らげることができ、氷や水を燃料などに活用できる可能性がある。

 JAXA宇宙科学研究所の春山純一助教は「広がりが期待できる縦穴はほかにもある。将来的に基地を作るにも絶好の適地」と話している。

 論文は米地球物理学連合の専門誌ジオフィジカル・リサーチ・レターズ(電子版)に掲載された。(田中誠士)


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

米国人女性 オーブンで子供2人を焼く

日本 スプートニク日本 2017年10月17日 20:57(アップデート 2017年10月17日 21:44)
https://jp.sputniknews.com/incidents/201710174194157/

米国人23歳女性 オーブンで子供2人を焼くラモラ・ジャクソン
米ジョージア州に住むラモラ・ジャクソン(24)容疑者

米ジョージア州に住むラモラ・ジャクソン(24)容疑者は、自分の幼い子供2人を殺害した疑いが持たれている。警察は、ジャクソン容疑者が1歳と2歳の息子をオーブンに入れてスイッチを押したとの見方を示している。

事件は10月13日にアトランタ郊外南東部のジャクソン容疑者の自宅で起こった。アトランタ・ジャーナル・コンスティテューション紙が報じた。

ジャクソン容疑者は、子供たちの父親ジャミール・ペンさんにビデオチャットで連絡を取った。会話中にペンさんは子供たちに何か起こったことに気づき、警察に連絡した。

イスラム教徒のブルカやニカブ着用を禁止したオーストリア サメ衣装の男性にも罰金【写真】
ジャクソン容疑者の自宅に到着した警察は、床の上に横たわるジャカーター・ウィリアムス君(1)とケユンテ・ペン君(2)の遺体を発見した。遺体にはやけどの痕があったという。

ジャクソン容疑者の自宅には容疑者とペンさんのもう1人の子供、ジャミール君(3)もいたが、無事だった。また容疑者にはさらに6歳の娘もいるが、事件当時は親戚のところにいたという。

近しい人たちの話によると、容疑者は深刻な精神的問題を抱えており、5年前に容疑者の父親が亡くなった後さらに悪化したほか、幼い子供4人の存在も影響を与えた。なお医師には相談していなかったという。

ジャクソン容疑者は約1カ月前、定期的なベビーシッターを見つけることができず仕事を辞めた。なお容疑者は警察に、子供たちを一時的なベビーシッターに預け、帰宅したら子供たちが死んでいたと供述しているが、警察はこの話を信じていないという。




このページのトップヘ


TOPProfile