Urban Robot Chocolat/アーバン ロボット ショコラ

神奈川・平塚市、アパートの一室が全焼し男性死亡

12/13(水) 15:32配信 TBS News i
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20171213-00000047-jnn-soci

神奈川・平塚市、アパートの一室が全焼し男性死亡

 13日未明、神奈川県平塚市でアパートの一室が全焼し、住人とみられる男性が死亡しました。

 午前4時すぎ、平塚市見附町のアパートで「建物が燃えている」と近くの住民から119番通報がありました。消防車など9台が駆けつけ火はおよそ1時間半後に消し止められましたが、2階建てアパートの2階の一部屋が全焼し、隣の部屋の一部が焼けました。

 この火事で全焼した部屋の住人とみられる男性が病院に搬送されましたが、まもなく死亡しました。警察が身元の確認を急ぐとともに詳しい出火原因を調べています。(13日11:16)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

17年前の強盗致死事件、重要参考人の動画投稿 茨城県警公式ユーチューブで「無念晴らしたい」

産経 2017.12.13 11:16更新 .
http://www.sankei.com/affairs/news/171213/afr1712130008-n1.html

茨城県警がユーチューブに投稿した強盗致死事件に関する動画(丸山将撮影)

平成12年5月4日、牛久市中央3丁目地内のスーパー駐車場内において、当時17歳の少年が暴行を受けたうえ現金を奪われ死亡するという強盗致死事件が発生しました。
動画の4人は事件の重要参考人です。

 茨城県警は、動画投稿サイト「ユーチューブ」の公式チャンネルを開設し、牛久市で平成12年に起きた強盗致死事件の「重要参考人」が映った動画を投稿した。この事件をめぐっては、重要参考人が少年の可能性が高いことから、県警は画像や動画の公開に慎重になっていた時期がある。警察庁の通達を踏まえ、県警ホームページには動画を公開してきたが、事件解決にはさらなる情報収集が必要と判断し、より多くの視聴者数を見込めるユーチューブの動画投稿に踏み切った。

 この事件は12年5月4日午前0時半ごろ、牛久市中央のスーパー駐車場近くで起きた。当時21歳の女性と一緒にいた同市岡見町のとび職、藤井大樹さん=当時(17)=が、男4人から殴る蹴るの暴行を受け、現金数千円を奪われた。藤井さんは9日後に死亡した。

 県警は女性の証言などを基に、事件の数時間前に現場近くのコンビニエンスストアに設置された防犯カメラに映っていた男4人を重要参考人とみて捜査を続けている。

 投稿された動画の長さは2分22秒で、視聴回数は12日時点で2万回を突破した。防犯カメラの動画に、「現在の年齢は30歳代後半または40歳代か?」「茨城県南部や千葉県に土地勘を有する人物か?」という情報や事件の概要、現場の説明などが加えられている。最後には4人の顔をアップにした静止画が映し出され、県警捜査1課と竜ケ崎署の連絡先が記されている。

少年法では、少年保護の精神から少年容疑者の顔などの公開を禁じており、この事件でも発生から約3カ月後に4人の似顔絵を竜ケ崎署のホームページに掲載したが、その後、「少年の可能性が高い」として削除した。

 15年に警察庁が凶悪事件などでは少年でも公開捜査を可能とする通達を出し、16年に再び似顔絵を公開。昨年11月には防犯カメラの静止画を、今年5月には県警ホームページに動画を公開した。事件に関する情報提供は27年には0件だったが、静止画の公開後、9件寄せられた。

 公式ユーチューブでの動画投稿について、県警捜査1課の捜査員は「一人でも多くの方から少しでも情報をいただくために公開した。事件を解決して遺族や被害者の無念を晴らしたい」と決意をにじませる。(丸山将)



 情報提供は、竜ケ崎署(電)0297・62・0110、または県警捜査1課(電)029・301・0110。


民家全焼 高齢夫婦と連絡取れず 三条市

12/13(水) 14:50配信 日テレNEWS24
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20171213-00000057-nnn-soci

民家全焼 高齢夫婦と連絡取れず 新潟・三条市

 13日未明、新潟県三条市で民家1棟を全焼する火事があった。火事のあと、この家に住む高齢の夫婦と連絡が取れなくなっている。

 火事があったのは、三条市長野の大竹君男さん(89)の住宅。警察によると13日午前4時52分ごろ、近くの住民から「隣の家が燃えている」と消防に通報があった。火は約3時間20分後に消し止められたが、木造2階建ての住宅が全焼した。

 大竹さんは90歳代の妻と60歳代の長男夫婦との4人暮らしで、火事のあと大竹さん夫婦と連絡が取れなくなっている。長男は当時、外出中でおらず、長男の妻は逃げる際に腰などを打ったものの、命に別条はないという。

 警察と消防は、大竹さん夫婦の行方を捜すとともに、火事の原因を調べている。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ


TOPProfile