コンゴ軍が民間人虐殺か、動画公開に米国務省「深く憂慮」 AFP 2017年02月20日 18:45 発信地:ワシントンD.C./米国 http://www.afpbb.com/articles/-/3118507?cx_part=txt_topics コンゴ軍が民間人虐殺か、動画公開に米国務省「深く憂慮」 コンゴ民主共和国北東部を行軍する国軍兵士ら(2013年12月31日撮影、資料写真)。(c)AFP/ALAIN WANDIMOYI . 【2月20日 AFP】米国務省は19日、アフリカ中部にあるコンゴ民主共和国の軍兵士らが非武装の民間人50~100人を射殺している様子を映したとする動画が公開されたことについて、「深く憂慮する」との声明を発表した。  18日に公開された動画には、武装した兵士らが女性や子どもを含む民間人に向けて予告なく発砲し殺害しているとみられる場面が映されている。  米国務省のマーク・トナー(Mark Toner)報道官代行は、声明で「事実と確認された場合、このような超法規的な殺害は甚だしい人権侵害に当たる。既に脆弱な国家においては、暴力と不安定な情勢の拡大をあおりかねない」と非難した。  さらに、「直ちに徹底的な調査を開始し、国際的な人権監視団体と共同で、このような凶悪な人権侵害を行った加害者らを特定し、関与が証明された者には責任を取らせるようコンゴ政府に求める」と声明は述べている。  約7分間のこの動画が撮影されたのは、コンゴ軍と部族長カムウィナ・ンサプ(Kamwina Nsapu)氏率いる民兵組織の衝突が続いている村だとみられる。しかし、コンゴ政府は「ばかげた偽物だ」と一蹴し、「(映画の)『ランボー(Rambo)』のシーン」のようだとして動画の信ぴょう性を疑う姿勢を示している。(c)AFP