【ダム女性遺棄】逮捕の男2人、携帯ロックの解除拒む 兵庫県警、DF技術で解明へ

株式会社 産経デジタル 2018/08/20 07:37
https://www.sankei.com/west/news/180820/wst1808200012-n1.html


加古川権現ダム女性遺棄】逮捕の男2人、携帯ロックの解除拒む

加古川市のダム湖遺体 防カメに容疑者と女性の姿小西優香
大阪市北区の防犯カメラ映像。小西優香さんと森翔馬容疑者が9日午前7時すぎに歩いていたとみられる© 産経新聞 提供大阪市北区の防犯カメラ映像。小西優香さんと森翔馬容疑者が9日午前7時すぎに歩いていたとみられる

 兵庫県加古川市の権現(ごんげん)ダムで大阪市淀川区の小西優香さん(20)の遺体を遺棄したとして男2人が逮捕された事件で、兵庫県警の調べに対し男らが、押収された自らの携帯電話のロック解除を拒んでいることが19日、捜査関係者への取材で分かった。事件前後の位置情報や通信内容が判明するのを恐れたためとみられ、県警は「デジタルフォレンジック」(DF)と呼ばれる解析技術を用い、遺体を遺棄した経緯を調べる。

加古川権現ダム女性遺棄】逮捕の男2人、携帯ロックの解除拒む2
© 産経新聞 提供【ダム女性遺棄】逮捕の男2人、携帯ロックの解除拒む 兵庫県警、DF技術で解明へ

逮捕の男と防犯カメラ 加古川市 ダム20歳女性遺棄小西優香さん
 男2人は、大阪市西区立売堀(いたちぼり)の森翔馬容疑者(20)と同市生野区巽北の稲岡和彦容疑者(42)。県警は17日夜~18日未明に死体遺棄容疑で両容疑者を逮捕し、19日午前に神戸地検に送検した。

 捜査関係者によると、県警は捜索先から両容疑者の携帯電話を押収。取り調べの中で捜査員が携帯電話のロックを解除するためのパスワードを尋ねたが、両容疑者とも明らかにしなかったという。

 携帯電話には位置情報機能や会員制交流サイト(SNS)の利用機能があるとみられ、県警は今後、小西さんとの通信記録や両容疑者の足取りを解明する方針。