Urban Robot Chocolat/アーバン ロボット ショコラ

2015年03月


朴政権に衝撃「ベトナムに韓国軍慰安所」 TBS支局長『文春』でスクープ執筆

2015年3月31日 17時12分 ZAKZAK(夕刊フジ)
http://news.livedoor.com/article/detail/9953565/

 韓国に炸裂した、超ド級スクープの展開が注目されている。26日発売の『週刊文春』が、米国の公文書などから、韓国軍がベトナム戦争中にサイゴン(現ホーチミン)に「慰安所」を設けていた証拠を発見したとリポートしているのだが、朴槿恵(パク・クネ)大統領や韓国政府、韓国メディアが目立った反応をしていないのだ。絶妙のタイミングで発表された、米紙による安倍晋三首相のインタビュー。韓国は「慰安婦=日本の性奴隷」という事実無根の誹謗中傷を流しているが、どう抗弁するのか。

 「このリポートは、慰安婦問題の大きな突破口になる可能性がある」

 慰安婦問題を徹底追及してきた、拓殖大学の藤岡信勝客員教授はこう語る。その解説は後述するとして、衝撃リポートの概要は以下の通りだ。

 筆者は、TBSワシントン支局長の山口敬之氏。赴任直前の2013年、外交関係者から「韓国軍がベトナムで慰安所を経営していた情報がある」と聞き、赴任後、ワシントン市内などの公文書館や、各地の米軍基地付属の図書館や資料館を訪ねて、関連する文書を精査したという。

 結果、サイゴン市の米軍司令部から、同市の韓国軍司令部に送られた書簡に、以下のような記述があったことが判明した。

 《(同市中心部の「トルコ風呂」という施設で)売春行為が行われていて、ベトナム人女性が働かされている》《この施設は、韓国軍による、韓国兵専用の慰安所である》

 米軍側は書簡で、韓国軍の施設と断定した根拠として、韓国軍大佐の署名入り書類に「韓国軍による韓国兵専用の慰安所である」と示されていたことなどを挙げていたという。

 さらに、山口支局長は、ベトナム戦争を戦った元米軍海兵隊幹部へのインタビューの結果、(1)韓国軍の慰安所は確かにサイゴン市にあった(2)サイゴン市内にはさらに大きい別の慰安所もあった(3)これらの施設は内部が多くのブロックに分かれていて、1区画に20人前後のベトナム人女性が働かされていた-などの証言を得たとしている。

 まさに、足で稼いだ歴史的スクープといえる。

 韓国は、現在の朴大統領の父、朴正煕(パク・チョンヒ)大統領時代の1964年、ベトナム戦争に参戦。73年までの8年間で、延べ約32万人を派兵した。「最精鋭部隊を投入した」と伝えられてきたが、北岡正敏、俊明兄弟が現地調査のうえで執筆した『韓国の大量虐殺事件を告発する-ベトナム戦争「参戦韓国軍」の真実』(展転社)は、膨大な民間人虐殺やレイプが行われたと指摘している。

 さらに、文春のリポートのようにベトナム人女性の慰安所まで設置していたとなると、韓国軍の本質・姿勢が問われることになる。慰安婦がどういう経緯で慰安所に連れてこられたのか、給料などが支払われていたのかなどは不明で、今後の取材・調査が注目される。

 朝日新聞が大誤報を認めたことで、日本の慰安婦問題の核心である「強制連行=性奴隷」は崩壊した。だが、朴大統領は「(慰安婦問題は)必ず解決すべき歴史的課題だ」などと、筋違いな要求を日本側に突きつけ続けている。

 今回のリポートが、慰安婦問題に与える影響について、前出の藤岡氏は次のように指摘する。

 「韓国軍は朝鮮戦争の際、性的サービス提供を業務とする女性部隊を編成していたとされ、ベトナムに軍直営慰安所を設けていたとしても、まったく不思議ではない。慰安婦問題をめぐり、朴大統領は日本政府に筋違いの要求を繰り返しているが、これで日本を非難する道理は完全になくなった。まずは、自国軍による他国の女性への人権侵害の実態を徹底調査すべきだ」

 『ディス・イズ・コリア』(産経新聞出版)がベストセラーになっているジャーナリストの室谷克実氏も「意義あるリポートだ。米国の公文書から発覚したのだから、韓国も言い逃れできないはずだ」と強調する。

 くしくも、文春報道の翌27日、米紙ワシントン・ポストは、安倍首相のインタビュー記事を掲載した。

 同紙によると、安倍首相は、慰安婦が「人身売買(ヒューマン・トラフィッキング)の犠牲となり、筆舌に尽くしがたい痛みと苦しみを経験されたことを思うと、心が痛む」と発言。さらに、「女性の人権が侵害された」「21世紀を人権侵害のない最初の世紀とすることを願っている」と語ったという。

 「人身売買」という表現を使った理由について、政府高官は「特別な意味はない」としながら、「人身売買には日本語の意味として強制連行は含まれない」と指摘している。米軍が1944年10月、ビルマ(現ミャンマー)で朝鮮人慰安婦20人を尋問した調書でも、「慰安婦は強制ではなく雇用されていた」と記されている。

 なぜ、TBS記者による衝撃スクープが、同局で報道されず、他社の媒体に掲載されたのか。夕刊フジの取材に対し、TBSは「社内のやり取りについては、従来よりお答えしておりません」と文書で回答した。


消費税10%への引き上げ時期、17年4月決定

読売新聞 3月31日(火)19時28分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150331-00050151-yom-bus_all

 2015年度税制改正関連法が31日、参院本会議で自民、公明、次世代の党などの賛成多数で可決、成立した。

 消費税率10%への引き上げ時期を、当初の予定から1年半先送りして17年4月とすることが決まった。景気が悪化した時に増税を停止できる「景気条項」は削除された。

 14年4月に消費税率が8%に引き上げられた後、個人消費の回復が遅れている。

 15年度税制改正では、景気の底上げを図る。親や祖父母から受け取った結婚や子育ての資金について、1000万円まで贈与税を非課税とする。企業のもうけにかかる実質的な税負担の割合である法人実効税率(標準で34・62%)を2・51%引き下げる。


“効力停止”から一夜…辺野古では抗議激化

日本テレビ系(NNN) 3月31日(火)12時43分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20150331-00000028-nnn-soci

沖縄県名護市辺野古の海上作業を停止20150331
(画像;30代の男が公務執行妨害の疑いで現行犯逮捕 YouTube)

 アメリカ軍普天間基地の移設先とされる沖縄県名護市辺野古の海上作業を停止させる沖縄県の指示が効力を失って一夜が明けた31日、現地では市民の抗議活動が激しくなっている。

 辺野古のアメリカ海兵隊キャンプ・シュワブのゲート前では、31日早朝から、機動隊員ら約200人と、移設に反対する市民ら約200人がにらみ合い、激しく衝突している。名護市の30代の男が公務執行妨害の疑いで現行犯逮捕されたため、市民らは名護警察署周辺でも抗議を続けている。

 沖縄県が辺野古沖での作業停止を沖縄防衛局に指示したのに対し、30日、農水相が指示の効力の一時停止を決定したことを受け、市民らの抗議活動は激しさを増している。

【動画】辺野古反対派の男逮捕 公務執行妨害容疑

(沖縄県警は31日、アメリカ軍普天間飛行場の移設先、名護市辺野古沿岸部に隣接する米­軍キャンプ・シュワブのゲート前で、県警機動隊員の頭を腕で締め付けたなどとして公務­執行妨害の疑いで、辺野古反対の抗議活動をしていた自称自営業の仲宗根和成容疑者(3­5)を現行犯逮捕した。).

「大阪人は地獄見る」 自民近畿議員会で「都構想」反対の藤井教授講演 

2015年3月31日 19時23分 産経新聞
http://news.livedoor.com/article/detail/9954245/

橋下市長、京大教授の「ヘドロチック」発言に怒りあらわ藤井聡2橋下市長、京大教授の「ヘドロチック」発言に怒りあらわ
(画像;藤井聡京都大大学院教授、橋下徹大阪市長)

 自民党近畿ブロック選出の衆参両院議員は31日、党本部で会合を開き、橋下徹大阪市長(維新の党最高顧問)主導の「大阪都構想」に反対している藤井聡京都大大学院教授が講演した。

 藤井氏は都構想が実現すれば大きな経済的損失が出るなどとした上で「大阪人は地獄を見る。行政効率化というのも『民主党詐欺フェスト』級のデマだ」と指摘した。橋下氏については「全体主義者だ。彼ほど危険な人間はいない。内閣に入るようなことがあったら亡命する」と語った。

 安倍晋三首相は都構想に一定の理解を示しているが、京都選出の西田昌司参院議員は「官邸も問題だ。首相には『都構想に賛成していない』と言ってもらいたい」と牽制(けんせい)した。


『007 スペクター』本編映像がついに公開!ボンドの過去と悪の組織がつながる?

cinematoday 2015年3月28日 13時10分
http://www.cinematoday.jp/page/N0071981

映画『007』ボンドの過去が「スペクター」とつながる?
(画像;『007 スペクター』本編映像がついに公開!ボンドの過去と悪の組織がつながる?
ボンドの過去が「スペクター」とつながる? 謎が深まる特報がついに公開! - SPECTRE (C) 2015 Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc., Danjaq, LLC and Columbia Pictures Industries, Inc. All rights reserved)

 ダニエル・クレイグ主演のシリーズ最新作『007 スペクター』から、ファン待望の特報が公開された。ボンドの過去と、悪の組織「スペクター」のつながりに迫るような、衝撃的な映像が展開する。


 シリーズ24作目にして、ダニエルが4度目のボンド役に挑む本作。昨年12月8日にクランクインを迎え、イギリス・ロンドン、オーストリア・ソルデンからイタリア・ローマなど世界中でロケを敢行。現在はメキシコ・メキシコシティでオープニングシークエンスの撮影が行われている。


 そんな製作のまっただ中にあって、世界中のファンが待ち焦がれていた本編映像がついに公開。特報は、ミス・マネーペニー(ナオミ・ハリス)がボンドへあるファイルを手渡す場面からスタート。前作『007 スカイフォール』で燃え落ちたボンドの生家“スカイフォール”の焼け跡から発見された、彼の過去に関連する物のようで、一部が焼けた三人の人物が写る写真が、メガホンを取るサム・メンデス監督がビデオブログで言及した「ボンドの幼少期に関わる重要な秘密」へのつながりを予感させる。


 さらに、『007/カジノ・ロワイヤル』でボンドの最愛の人ヴェスパー(エヴァ・グリーン)を死に追いやったMr.ホワイト(イェスパー・クリステンセン)とボンドが対峙(たいじ)するシーンも登場。Mr.ホワイトがボンドに「君は嵐のなかで踊るだけの凧だよ」と投げ掛ける言葉に続いて、「ジェームズ、よく来た。やっと会えた」とボンドを迎えるクリストフ・ヴァルツのカットで幕を閉じる。


 スペクターとは、過去の『007』シリーズでボンドの宿敵として登場した悪の組織の名称。ボンドとMr.ホワイトの会話の合間には、組織に所属する悪役が必ずはめているという「ブラックオクトパス」の紋章が刻まれた指輪のカットも登場する。果たしてボンドの過去と組織がどんなつながりを見せることになるのか。「オーバーハウザー」という役名だけしか発表されておらず、いまだそのビジュアルがシルエットに覆われたヴァルツの「やっと会えた」というセリフを含め、より謎が深まる特報になっている。(編集部・入倉功一)

映画『007 スペクター』は12月4日より全国公開

・映画『007 スペクター』Facebook
http://ctdy.jp/usISPLpy

【動画】『007』最新作の映像公開!『007 スペクター』特報



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ


TOPProfile