Urban Robot Chocolat/アーバン ロボット ショコラ

2015年08月

東京駅前390mの日本一ビル、27年度完成へ

読売新聞 8月31日(月)13時52分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150831-00050050-yom-bus_all

三菱地所が建設する超高層ビル(イメージ図)
三菱地所が東京駅前に390メートルの高層ビル 


 三菱地所は31日、JR東京駅前に高さ約390メートルの超高層ビル(61階建て)を建設すると発表した。
2015/08/31 ビル事業 東京駅前3ha 超の大規模複合再開発「常盤橋街区再開発プロジェクト」計画概要について (PDF 1,374KB)

 「あべのハルカス」(大阪市、高さ300メートル)を上回り、日本で最も高いビルになる。2027年度に完成する予定だ。

 建設予定地は、日本銀行本店に近い東京都千代田区の常盤橋地区にある約3万平方メートル超の敷地。現在はJXホールディングスの本店が入るJXビルや日本ビルなどがある。

 国際NPO(非営利組織)の高層ビル・都市居住協議会によると、世界で最も高いのは、ブルジュ・ハリファ(アラブ首長国連邦)の828メートル。現在のランキングでは、三菱地所の新ビルは世界20位前後にあたる。

 東京駅前の再開発では、三井不動産と東京建物が八重洲口に、それぞれ高さ245、250メートルのビルを21、23年度に開業させる計画があり、超高層化が進んでいる。

【動画】日本一の超高層ビル誕生へ 東京駅前に61階高さ390m(15/08/31)


- urbanrobot chocolat -

「大学なら警察こないと…」同志社大図書館に大麻持ち込み容疑、卒業生を逮捕 

産経  2015.8.31 18:41更新
http://www.sankei.com/west/news/150831/wst1508310079-n1.html

 同志社大学(京都市上京区)今出川キャンパスの図書館で大麻を所持していたとして、京都府警上京署は31日、大麻取締法違反の疑いで、奈良県橿原市内に住む無職の男(25)=窃盗未遂罪で起訴=を再逮捕した。同署によると「吸う目的で持っていた」と容疑を認めているという。

 再逮捕容疑は、8月6日午後6時10分ごろ、同キャンパスの図書館で大麻草1袋を所持していたとしている。

 同署によると、男が他人のかばんを物色するなど不審な行動をしているのを持ち主の男子学生が見つけ、報告を受けた大学関係者が同署に通報。駆けつけた署員が、男のズボンから大麻を見つけたという。

 男は同志社大の卒業生。「大学なら警察官が入ってこないと思った」と供述しているという。


- urbanrobot chocolat -

「病院に行かな…」動転?車や壁に次々衝突 運転の80歳男性死亡 大阪・河内長野

(産経新聞) 2015/8/31 18:52
http://news.goo.ne.jp/topstories/nation/16/a9a9e681df8ebe2b134b628ac512ac4a.html

 31日午前10時40分ごろ、大阪府河内長野市南花台の市道で、近くに住む無職男性(80)運転の乗用車が道路標識に衝突。いったん停車後に再び走り出し、駐車中の乗用車や民家の外壁に次々にぶつかった。男性は頭などを強く打って病院に搬送されたが、間もなく死亡した。ほかにけが人はいなかった。

 大阪府警河内長野署によると、男性は最初の事故を起こした後、「大丈夫か」と声をかけた近所の女性に「病院に行かなあかん」と言い残して再び走り出したという。同署は男性が最初の事故でパニックを起こした可能性があるとみて、詳しい原因を調べている。



- urbanrobot chocolat -
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

行方不明女児を20代女性が保護 これが男性なら逮捕された、の声

2015年8月31日 19時52分 J-CASTニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/10534318/

男性が保護ならどうなる?(写真はイメージ)


大分市内で行方不明になった女児を同じアパートの女性が保護していたことについて、大分県警は、「事件性はない」と判断した。しかし、ネット上では、「これが男性だったら逮捕されたのでは」といった疑問がくすぶっている。

「家に帰りたくない」。報道によると、大分市立小学校4年の女児(10)は、同じアパートの20代女性に聞かれてこう答えたという。

女児を同じアパートに2、3日保護

女児は2015年8月28日午前0時ごろ、アパートの出入り口付近に1人で座っていた。前日の午後に「友達の家へ遊びに行く」と言って家を出てから、家には帰っていなかった。

女児の家族が捜したが見つからず、母親(37)が30日未明になって大分中央署に捜索願いを出した。大分県警は、この日のうちに女児の写真を公表して公開捜査に踏み切っている。その後、28日夕に女性が女児と外出しているのを見たという目撃情報などから捜査員が女性宅を訪ねて、30日中に女児を無事保護した。女性と女児は面識があり、女性は40代の母親と一緒に住んでいた。

女性は、警察の事情聴取に対し、「女児宅に連れていこうと思っていた。女児にも『帰りたくなったら帰りなさい』と伝えていた」と説明したという。

県警が事件性なしと判断したことについて、ネット上では、様々な疑問や批判の声が出ている。

08年には、埼玉県内で迷子の女児を親切心から車に乗せて祖母宅に送ろうとした男性が未成年者誘拐の現行犯で逮捕され、男性がかわいそうだという声が上がった。こうしたケースなどもあったことから、ネット上では、今回のことについて、「男なら逮捕だろこれw」「確実に男女差別があるよね」「なんで逮捕されないんだよ」といった書き込みが相次いでいる。

一方で、女児が帰りたくないと漏らし、母親の捜索願いも遅れたことから、「親に問題ないか?」「複雑な事情がありそうだな」といった指摘も出ていた。

「必要な吟味をし、本部と協議したうえで、適切に捜査しました」

もっとも、保護した女性に対しては、「普通は親に連絡か警察に相談するだろ」「しかるべきところへ通報しなきゃ」と苦言を呈する向きもあった。

保護したのが男性だったらどうなったかについて、大分中央署の副署長は、「個々の事件判断については、コメントはできません」と取材に答えた。一方で、「そのような点も含めて必要な吟味をし、本部と協議したうえで、適切に捜査しました」と言っている。

元東京地検検事の大澤孝征弁護士は、警察の判断についてこう解説する。

「女性は、『家に帰りたくない』と言っている女の子を自宅に入れて一時保護したわけですよね。昔の日本ならよくあった話であり、警察も、親切に保護した人を犯罪者にするわけにはいかないでしょう。それは、たとえ独身男性でも同じことであり、男女を問うことはないと思います」

迷子の女児を車に乗せた男性のケースについては、「長時間にわたって連れ回し、容疑を否認したので逮捕したということでしょう」と指摘した。ただ、親切心でやった裏付けが取れたら、起訴はしないのではないかと言う。

とはいえ、大澤弁護士は、誘拐の疑いを持たれかねないため、今回について女性は警察などに通報すべきだったとした。

「親権者でない人が連れて行けば、未成年者略取に問われる可能性があります。それは、男女や面識の有無を問わず、離婚した親などのケースでも同じことです。今回については、その点において、ギリギリの事案だったんでしょうね」




- urbanrobot chocolat -


駅構内で悲鳴、トイレ大行列、将棋倒しの危機 国会前「10万人デモ」舞台裏でドタバタ

J-CASTニュース 8月30日(日)18時23分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150830-00000002-jct-soci

国会前10万人のうねり 全国各地でも(150830)2
国会前10万人のうねり 全国各地でも(150830)
(画像;多くの人で埋め尽くされた国会前(8月30日午後3時ごろ、YouTube))

 国会議事堂周辺で2015年8月30日、安全保障関連法案への抗議活動が行われた。主催の市民団体は「10万人参加」を号し、国会前はプラカードを掲げた人々で埋まった。また民主・共産・社民・生活と主要野党代表がそろってスピーチするなど、抗議活動は大きな山場を迎えた。

人でごった返す永田町駅構内

 実際の人数は現時点では明らかになっていないものの、大勢の人が押し寄せた永田町。そこでは何が起こっていたか、大規模デモの舞台裏に注目した。

■あまりの混雑ぶりに「何この人! コミケかよ!」

 30日13時30分過ぎ。国会議事堂に近い東京メトロ・永田町駅には、ピクリとも動かない長蛇の列ができていた。

 14時のデモ開始に備え、少し早めに到着したつもりの参加者たちだったが、最寄りの出口は殺到する人で、電車が停まって間もなく一杯に。

  「国会議事堂方面の出口は、ただいま身動きが取れなくなっております、反対側の出口をご利用ください!」

 駅員の悲鳴めいた声が響く。やむなく長いホームを歩いて、国会とは逆方向の出口に向かうが、たちまちそこもパンク状態になった。駅員は懸命に誘導を続ける。

 まだ駅の構内だというのにあちこちで、プラカードやのぼりが高々と掲げられている。早くもやる気十分――というわけではなく、あまりに人が多く、そうでもしないと仲間とはぐれてしまうのだ。

  「何この人! コミケかよ!」

 デモの参加者ではないらしい、若い男性が悲鳴を上げた。人ごみに巻き込まれながら、「俺たちこのまま、国会まで運ばれるんじゃね?」と連れと顔を見合わす。

 結局、駅から地上に出るまでだけで、20分近くがかかった。高齢の参加者たちは、すでに疲れ切った様子で座り込んで休息を取っている。
.

レジはガラガラ、トイレに十数人の列

 永田町駅にほど近いコンビニにも、長い行列ができていた。レジの列かと思ったが、良く見ると違う。むしろレジは空いている。行列の先は、トイレだ。軽く十数人はいるだろうか。

 商品棚の方を見ると、冷たいドリンク類がごっそり品切れになっている。お弁当コーナーもほぼ空っぽだ。またチョコレートなど、手軽に食べられるお菓子もよく売れている。エナジードリンク類が売れ残っているのは、意外と高い参加者の年齢層を反映しているのかもしれない。

 さて、肝心の国会前である。国会前交差点から正門前までのおよそ200メートルの道路は、まさしく人、人、人で埋め尽くされていた。もっともメディアなどで注目されている若い世代は、少なくはないが多数派というわけでもない。むしろスピーチを聞いていても、「私は55年前、この国会前におりましたが......」と、「60年安保」を経験した人たちさえ珍しくはないようだ。

 蒸し焼きにされるほどの熱気の中で、「戦争反対! 安倍は辞めろ!」のコールが繰り返される。

満員電車以上の混雑の中で

 だが、国会に近づくにつれて、前に進む人、引き返す人、その場に留まる人が交錯し、辺りはラッシュ時の満員電車を上回るほどの混雑に陥った。まっすぐ立っているので精一杯だ。

  「危ない! 将棋倒しになるぞ!」

 男性が叫ぶ。その上、雨脚も強まってきた。こうなるとコールどころではない。気分が悪くなったのか、青ざめた顔の女性が、オレンジ色のベストを来た救護班に先導されて後方へと引き上げていく。だがぺしゃんこ寸前の状況でも、文句を言う人はいない。デモは続く。

 開始から2時間が経った、夕方16時。ひとまずメインの抗議行動は終了し、人々は一斉に駅に流れ込んだ。地上では主催者が、「戦いはまだ続きます! 足元に気をつけて帰ってください!」と連呼する。プラカードをかばんの端から飛び出させて、上品そうなご婦人が充実した表情で笑い合っている。

  「今日は涼しくてよかったわねえ。あたし熱中症になるかと心配してたんだけど」

【動画】「法案反対!」国会前10万人のうねり 全国各地でも(15/08/30)




- urbanrobot chocolat -

このページのトップヘ


TOPProfile