Urban Robot Chocolat/アーバン ロボット ショコラ

2017年08月

「まったく事実に基づいていない」 松山政司1億総活躍担当相が「わいせつ現場に同席」疑惑を否定

産経 2017.8.31 18:14更新
http://www.sankei.com/politics/news/170831/plt1708310031-n1.html

松山政司1億総活躍担当相が「わいせつ現場に同席」
報道各社のグループインタビューに答える松山政司1億総活躍担当相=31日午後、内閣府(酒巻俊介撮影)

 松山政司1億総活躍担当相は31日、報道各社のインタビューで、過去に16歳の少女へのわいせつ行為が行われた現場に居合わせたのでないかと指摘した一部報道について「まったく事実に基づいたことでない」と否定した。

 松山氏が日本青年会議所(JC)の副会頭を務めていた平成10年、北海道旭川市で開かれたJCの会合後、JCメンバーが当時16歳の少女にわいせつな行為をしたことが発覚し、売春防止法違反などで4人が逮捕された。一部報道は、松山氏も当時、犯行現場にいたのでないかと指摘していた。

 松山氏はインタビューで「あえてこういう場で申し上げることでもない。全く関係ないことで、理解いただきたい」と述べた。


出演者が監督による性行為の強要“告発” 監督、配給側が「事実無根」と否定

2017年8月31日 18時43分 デイリースポーツ
http://news.livedoor.com/article/detail/13548125/



 8月25日に池袋シネマ・ロサで行われたドキュメンタリー映画「童貞。をプロデュース」の10周年記念上映後の舞台あいさつで、出演者の1人で、撮影者でもあるフリーの映像ディレクター・加賀賢三氏が、同作の松江哲明監督への怨みを訴え、舞台上で下半身を露出し、暴れた騒動で、配給会社と松江監督が31日、連名でマスコミ各社に書面を送付。加賀氏の行為は「犯罪行為」とし、加賀氏側の訴えを否定した。

 同じ内容の“声明”は配給会社・スポッテッドプロダクションズ(※以下、スポッテッド社)の公式サイトにも掲載されている。

 騒動を受けて、同所での26日から31日までの記念上映はすべて中止された。同作は2005年12月から06年1月にかけて撮影されている。

 松江監督とスポッテッド社の直井卓と卓俊氏の連名書面では「加賀氏が、観客に対して挑発的な発言を発し、松江監督に対して、下半身を露にして暴力行為に及びました。加賀氏の暴行により、松江監督は全治1週間を要する怪我を負いました。加賀氏によるこれらの行為は、傷害罪、公然わいせつ罪、威力業務妨害罪等に該当する犯罪行為です」と主張している。

 また、加賀氏が舞台あいさつの際、同作の撮影時、「松江監督や製作スタッフによって、性的なシーンへの出演を強要させられた」という趣旨の発言をしたことに対しては、「加賀氏は、本作品の趣旨について松江監督から説明を受けた上で、出演に同意しました。さらに本作における映像の多くは加賀氏自身による撮影素材によって構成されています」とし、「松江監督は何ら強要行為などしていません」との加賀氏側の“告発”を否定した。

 その上で「性的なシーンの強要やパワーハラスメント等の違法または不当な行為は、『童貞。をプロデュース』においては存在しません。加賀氏の一方的な主張を受けて一部で喧伝されているような、本作が暴力で作られた映画であるという風評は、すべて事実無根であり、明確に否定します」としている。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

年賀はがきは52円に据え置き スマホ活用のサービスも

NHK 8月31日 18時01分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170831/k10011120971000.html?utm_int=news_contents_news-main_006


若者の年賀状離れに歯止めをかけようと、日本郵便は来年の年賀はがきの料金を52円に据え置いたうえで、スマホと連動した新たなサービスを始めることになりました。

年賀はがきはスマホのアプリやメールで年始のあいさつを済ませる若者が増えていることなどから減少傾向が続いて、来年の発行枚数はことしより2億6700万枚少ない25億8600万枚にとどまる見通しです。

このため日本郵便はことし6月、通常のはがきは62円に値上げしましたが、来年の年賀はがきについては受付期間にあたることしの12月15日から来年の1月7日に投かんすることを条件に52円に据え置きます。

またデザインに人気の犬のキャラクターを初めて使うほか、無料の通信アプリのLINEで年賀はがきを受け付け、自宅に届けるサービスも行います。
さらに年賀はがき向けにインスタグラムに投稿した犬の写真を専用のサイトで紹介し、希望する人に印刷して届けるなど、スマホと連動した新たなサービスを展開します。

日本郵便切手・葉書室の信田篤室長は「ネット上で年賀状が話題となるような取り組みで若者層を取り込み、販売の減少を食い止めたい」と話しています。
来年の年賀はがきの販売はことし11月1日から始まります。

日野皓正さん 中学生の髪つかむ

NHK 08月31日 14時16分
http://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20170831/3517791.html


世界的ジャズ・トランペット奏者「日野皓正」が男子中学生をビンタ


(【週刊新潮】世界的ジャズ・トランペット奏者「日野皓正」が男子中学生をビンタ デイリー新潮公式動画 2017/08/30 に公開)

今月20日に東京・世田谷区で行われた中学生のジャズコンサートのさなか、指導者として参加していたジャズトランペット奏者の日野皓正さんが男子生徒1人の髪の毛をつかむなどの行為をしていたことがわかりました。
生徒にケガはなかったということですが主催した区の教育委員会は、不適切な行為として詳しい状況を調べています。

このコンサートは、世田谷区教育委員会が区内に住む中学生に学校では体験できないことをしてもらおうと、毎年行っている事業の一環で、世界的ジャズトランペット奏者の日野皓正さんが指導者として参加しています。
区教育委員会によりますと今月20日に区内の劇場で開いたコンサートのさなか、日野さんが演奏していた中学生およそ40人のうちドラム担当の男子生徒1人の髪の毛をつかむなどの行為を行ったということです。
これまでの調査で、この生徒がソロパートでなかなか演奏をやめなかったため、日野さんが進行に支障をきたすと考え行為に及んだということです。
生徒にケガはなかったということですが、区教育委員会は、不適切な行為として現在、海外にいる日野さんが帰国したあと直接いきさつを聞くなどして、詳しい状況を確認することにしています。
世田谷区の保坂展人区長は「いきすぎた指導があった。日野さんにはあらためてもらうよう教育委員会を通じて伝えた。一方で、子どもの保護者からは日野さんには感謝しているこの素晴らしい事業をやめてほしくないとも聞いている。
今後もこの事業を応援していきたい」とコメントしています。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

女子高校生刺傷 知人の少年逮捕

NHK 08月31日 15時18分
http://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20170831/3524441.html

30日、東京・江戸川区の路上で定時制高校の女子生徒が首などを刺されて大けがをした事件で、警視庁は現場から逃走していた知り合いの19歳の少年を31日午後、静岡市で確保して殺人未遂の疑いで逮捕しました。
警視庁が事件のいきさつを調べています。
30日午後1時前、東京・江戸川区西小岩の路上で都内の定時制高校4年の女子生徒(18)がナイフで首や腕などを刺されて大けがをしました。
警視庁は目撃情報などから、刺したのは知り合いの19歳の少年とみて行方を捜査していました。
これまでの調べで、少年は現場近くからタクシーに乗って八王子方面に向かっていたことが分かっていますが、31日午後、静岡市のJR静岡駅の近くで捜査員が見つけて身柄を確保し、殺人未遂の疑いで逮捕しました。
警視庁によりますと、調べに対して容疑を認めているということです。
警視庁は、2人の間にトラブルがあったとみて詳しいいきさつを調べています。

このページのトップヘ


TOPProfile