Urban Robot Chocolat/アーバン ロボット ショコラ

2017年09月


札幌 繁華街で大火事 延焼も 「爆発音した」 市電止まる 住民避難  北海道


9/30(土) 21:13配信 北海道ニュースUHB
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170930-00000004-hokkaibunv-hok


札幌 繁華街で大火事 延焼も 「爆発音した」 3




 9月30日午後7時前、札幌市中心部の繁華街で火事があり、午後8時55分現在も消火活動が続けられています。

 現場周辺では住民が避難するなど騒然となっています

 激しく吹き上がる炎と煙。

 30日午後6時50分ごろ、札幌市中央区南1条西7丁目の2階建て雑居ビルから出火しました。

 30台近い消防車が出動し、消火に当たっていますが、まだ火は燃え続けています。

 現場は、市電通りに面していて、周辺では交通規制も行われ、市電も西4丁目と西15丁目の間で運転を見合わせています。

 この火事によるけが人は、午後8時55分現在、いないということです。

 現場周辺は、マンションや飲食店などが密集する地域で、辺りには煙が立ち込め、延焼の恐れもあるということで、付近の住民らが避難するなど、騒然としています。
.
UHB 北海道文化放送



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

割り箸の袋にサインを求められた明石家さんま その後の対応が素敵!

2017年9月28日 18時57分 grape
http://news.livedoor.com/article/detail/13682102/

割り箸の袋にサインを求められた明石家さんま その後の対応が素敵!


プライベートの時間であっても、一般人からのサインや写真撮影を求められた際には、気軽に応じている明石家さんまさん。

色紙に限らず頼まれれば「どんな物」にもサインするようにしているのだそうです。

2017年9月22日に放送されたテレビ朝日系バラエティ番組『明石家さんまのコンプレッくすっ杯』で、そのきかっけを語りました。

箸袋にサインを求められ、イラっとしたけど…

番組にゲスト出演したお笑いコンビ・三四郎の小宮浩信さんが語ったのは、悲しいエピソード。自分のサイン入りのアイテムがオークションで10円という価格で売られ、落札されていなかったというのです。

その流れでさんまさんは「俺はなんでもサインするんですけど」と前置きし、過去、若い男性からある物にサインを求められたことを明かしました。

それは、『割り箸の袋』。

さんまさんはその時「失礼やなと思った」と明かすものの、渋々サインには応じたそうです。

ここで終わってしまったら、ただの失礼なファンのお話ですが、まだ続きがありました。

その出来事から20年後。サラリーマンになったその時の男性とさんまさんが偶然、再会したのです。


財布から「これ20年前に頂いた箸袋のサインです」って…。

まだ持っとたんや~!
明石家さんまのコンプレッくすっ杯 ーより引用
なんとその男性は、さんまさんからサインをもらった箸袋を大事に保管していたのだそうです。

常に持ち歩く財布に20年前の箸袋を入れていたということは、その男性にとってはサインは大切な宝物だったのでしょう。

さんまさんは嬉しく思い、それ以来、さんまさんはどんなものでもサインをするように心がけることにしたのだそうです。

この大逆転エピソードには、共演者たちからも拍手が巻き起こっていました。

なんとも心温まるエピソードに視聴者もホッコリ
え、すごくいい話!自分のサインを20年も肌身離さず持っていてくれたら、嬉しいよね。なんだかんだで割り箸の袋にサインするところがすごい。割り箸の袋にサインをもらったことに申し訳なさもあったのでしょうが、本当にさんまさんのファンだったんでしょうね。
ちなみに、共演した関根勤さんも過去に背中にサインを求められたことがあったそうです。

一生お風呂に入らないわけでもないですし、いずれそのサインが消えてしまうことも分かりきったこと。ですが関根さんはサインを快諾したのだとか。

その理由として、「いま欲しいっていう気持ちを、大切にしてあげたいから」と、語りました。

芸能人によっては、サインを断る人も多いでしょう。ファンの想いに応じられるさんまさんや関根さんのサービス精神はさすがといえます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

住宅から2遺体 64歳夫と義理の母か 夫の妻を逮捕

9/30(土) 17:42配信 テレ朝 news
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20170930-00000029-ann-soci

 神戸市の市営住宅で64歳の男性とその母親とみられる女性の遺体が見つかり、男性の69歳の妻が死体遺棄の疑いで逮捕されました。

 29日午後4時半ごろ、神戸市灘区にある市営住宅で山本真喜雄さんと女性の合わせて2人の遺体が見つかりました。遺体に目立った外傷はなく、死後2週間ほど経っているとみられます。警察は、部屋にいた山本さんの妻の山本カズ子容疑者を死体遺棄の疑いで逮捕しました。カズ子容疑者は「亡くなったのは知っていたが、誰にも連絡していない」と容疑を認めています。カズ子容疑者は真喜雄さんと80代の義理の母親と同居していて、警察は女性の遺体が義理の母親とみて、身元の確認を進めています。


「つば吐くな」と言われ 韓国籍の男 男性“刺す”

9/30(土) 17:50配信 テレ朝 news
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20170930-00000028-ann-soci

 東京のJR五反田駅前でホームレスの男性がナイフで右胸を刺され、40代の韓国籍の男が殺人未遂の疑いで逮捕されました。

 韓国籍の大島丈こと丁奎五(テイ・ケイゴ)容疑者(46)は30日午前8時半ごろ、品川区東五反田のJR五反田駅前で60代くらいのホームレスの男性と口論になり、持っていたナイフで男性の右胸を刺した疑いが持たれています。男性は全治1週間のけがをしました。警視庁によりますと、丁容疑者は当時、酒を飲んでいて、事件現場でつばを吐いたところ「つばを吐くな、謝れ」とホームレスの男性に注意され、犯行に及んだということです。取り調べに対して、丁容疑者は「ホームレスに脅かされ、持っていたナイフで防御した」と容疑を否認しています。



「ミサイル渋滞中」 県道の電光掲示板に誤表示 広島

NHK 2017年9月30日 2時32分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170930/k10011162711000.html?utm_int=news_contents_news-main_007&nnw_opt=news-main_a

「ミサイル渋滞中」 県道の電光掲示板に誤表示 広島


29日夕方、広島市佐伯区の県道に設置された交通情報を伝える電光掲示板に「ミサイル渋滞中」という誤った情報がおよそ30分間表示されていたことがわかりました。警察は謝罪するとともにシステムの誤作動が原因と見て詳しく調べています。

29日午後5時45分ごろ、広島市佐伯区五日市町の県道に設置された交通情報を伝える電光掲示板に「ミサイル」「渋滞中」という誤った情報が交互に表示されているのを通りがかった人が見つけ110番通報しました。

警察によりますと、誤った情報が表示されたのは午後5時20分ごろからのおよそ30分間で、交通などに大きな混乱はなかったということです。また県内にほかに41か所ある交通情報の電光掲示板に異常はなかったということです。

広島県警察本部はJアラート=全国瞬時警報システムで情報が伝えられれば、交通情報の電光掲示板にも「ミサイル」の文字が表示されるよう今月25日から順次、設定を変えていたいうことでシステムの誤作動が原因と見て詳しく調べています。

広島県警交通規制課は「交通量が多い時間帯に誤表示をして申し訳ありません。再発防止に努めたい」と話しています。

このページのトップヘ


TOPProfile