Urban Robot Chocolat/アーバン ロボット ショコラ

2018年02月

遺体は27歳女性と確認 米の男を遺体遺棄の疑いなどで再逮捕

NHK 2018年2月28日 17時49分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180228/k10011346391000.html

三田市の女性不明事件バイラクタル・エフゲニー・バシリエビチ容疑者
バイラクタル・エフゲニー・バシリエビチ容疑者 (Bayraktar Evgeny Vasilievich)KTV

三田市の近藤早紀(こんどうさき)さんで27歳でした。3
近藤早紀さん(27)

大阪の民泊用のアパートの部屋などで遺体が見つかった事件で、警察が身元を調べた結果、今月16日から行方がわからなくなっていた兵庫県三田市の27歳の会社員の女性と確認されました。警察は28日、アメリカ人の男を遺体を遺棄した疑いなどで再逮捕し、経緯を詳しく調べることにしています。

この事件では、今月16日から行方がわからなくなっていた女性と見られる遺体が、大阪・西成区の民泊用のアパートの部屋のほか、大阪と京都の山林から見つかり、警察は、女性を監禁した疑いでアメリカ人のバイラクタル・エフゲニー容疑者(26)を逮捕し、遺体の身元を調べてきました。

その結果、兵庫県三田市の会社員、近藤早紀さん(27)と確認されたということです。

警察は、今月16日から22日に逮捕されるまでの間に、西成区の部屋に遺体を遺棄した疑いなどで、バイラクタル容疑者を28日午後、再逮捕しました。調べに対して、黙秘しているということです。

警察は、女性が死亡した経緯などについても詳しく調べることにしています。


亡くなった近藤さんは

知人や学校によりますと、亡くなった近藤さんは、兵庫県姫路市の小学校を卒業後、中高一貫の私立の女子校に進学しました。
学校ではブラスバンド部に所属し、英語にも興味を持っていたということで、大学進学後は夏休みを利用して海外に短期留学したこともあったということです。その後、三田市内の会社に勤務し、従業員寮で一人暮らしをしていたということです。


被害者の家族は

被害者の家族は、報道機関に向けて文書でコメントを出しました。

「私たちは突然の事件によって最愛の家族を失いました。色々な事実が一気に押し寄せてきており、まだ気持ちの整理ができておりませんが、娘を失った悲しみは確かで、何も言うことができません。今は静かに喪に服す時間をいただきたく、私たち家族はもとより近隣、娘の会社関係者、友人への取材についても自粛いただきますよう皆様のご配慮をお願いいたします」



女性を押し倒してハイヒールを片方だけ奪った男捕まる、付近で同様事件10件

2018/2/28(水) 19:09配信 MBSニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180228-00000069-mbsnewsv-l27

 かつて大阪府高槻市で、女性があるものを奪われる事件が相次ぎました。このうち7年前の1件に関与したとして31歳の男が逮捕されました。

 2011年から13年にかけ、高槻市で通行中の女性が男に襲われる事件が相次いでました。

 「女性を押し倒して男が奪ったものは財布でもバッグでもなく、パンプスでした」(記者リポート・2012年)

 奪われたのは片方だけの黒のパンプス。当時周辺では同様の事件が10件起きていて、すべてハイヒールやパンプス、ブーツなどが奪われました。警察は28日このうち1件に関与した疑いがあるとして強盗致傷容疑で香川県の会社員・澤田知明容疑者(31)を逮捕しました。

 澤田容疑者は2011年7月にマンション通路で30代の女性に背後から近づき、右足をつかんで転倒させハイヒールを片方だけ奪って逃げた疑いです。澤田容疑者は当時高槻市内に住んでいて、現場の遺留品から関与が浮上したということです。調べに対し「間違いありません」と容疑を認めているということです。

女子バレー・栗原恵、日立リヴァーレ退団発表 今後は未定「自分と向き合い考えていけたら」

2018/2/28(水) 15:14配信 オリコンhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180228-00000343-oric-ent

女子バレー・栗原恵、日立リヴァーレ退団発表
日立リヴァーレを退団した栗原恵 ブログより https://ameblo.jp/kurihara-megumi/

 バレーボール女子の元日本代表で日立オートモティブシステムズ女子バレーボール部(日立リヴァーレ)の栗原恵(33)が28日、同チームを退団することを発表した。

≫“プリンセス・メグ”栗原恵のプロフィール

 公式サイトでは「この度、2017/18V・プレミアリーグの試合をもちまして、日立リヴァーレから下記の通り1名が退部することになりましたのでお知らせいたします」とし、栗原の退団を報告。

 栗原も「本日を持ちまして、日立リヴァーレを退団致します。4シーズンという長い間をリヴァーレの一員として過ごし、色々な経験を通して沢山のことを学ばせて頂きました。応援してくださった皆さん、そして携わってくださった全ての方に心より感謝申し上げます」とコメント。

 「この決断に至るまで、沢山悩み、考えました。前向きな決断として、今後とも応援していただけますと幸いです。4シーズン本当にありがとうございました」と伝えた。

 また、同日にはブログも更新。今後については「何も決まっておりませんが今はゆっくりと心と身体を休めております。これからしっかり自分と向き合い考えていけたらと思います」とつづり「またこちらでご報告できる日まで温かく見守って頂けたらうれしいです。本日が1つの区切りと致しまして関係者の皆様 そして応援してくださった皆様 本当にありがとうございました」とメッセージした。

 栗原は山口県・三田尻女子高校(現・誠英高校)から2003年にVリーグ(プレミアリーグ)のNECに入団。03年11月のワールドカップでは、大山加奈とともに“メグカナ”と呼ばれて人気を博した。04年アテネ、08年北京五輪にも出場。14年6月に岡山シーガルズを退団し、同年9月に日立リヴァーレに入団。現在はEXILE HIROが代表取締役社長を務める芸能事務所「LDH」に所属している。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

魚沼産コシヒカリ 食味ランキングで初めて「特A」から転落

NHK2018年2月28日 17時39分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180228/k10011346371000.html?utm_int=news_contents_news-main_007

平成29年・去年生産されたコメの味や香りを審査する食味ランキングの結果が公表されました。今の形による格付けが始まって以来、唯一、28年連続で最上位の「特A」の評価を保ってきた新潟県魚沼産の「コシヒカリ」が、初めて1つ下の「A」の評価に落ち、産地間の競争が激しさを増しています。

農産物などの品質や安全性を評価している日本穀物検定協会は、毎年、コメの味や香りを評価して5段階で格付けしています。
≫米の食味ランキングのランクを精米袋等に表示される事業者様へのお願い。日本穀物検定協会

28日は、去年生産された全国151の銘柄のコメの格付けが発表され、前の年より1つ少ない43の銘柄が最上位の「特A」の評価を受けました。

一方で、現在の形による格付けが始まった平成元年から唯一、28年連続で「特A」の評価を保ってきた新潟県魚沼産の「コシヒカリ」は初めて1つ下の「A」の評価に落ちました。

今回「特A」の評価を受けたのは、北海道の「ななつぼし」や佐賀県の「さがびより」などの常連のほか、埼玉県県東産の「彩のきずな」、高知県県北産の「にこまる」、佐賀県産の「夢しずく」の3銘柄が初めて「特A」となりました。

日本穀物検定協会の井出道雄会長は「かつてはおいしいコメと言えば、圧倒的に新潟、特に魚沼産のコシヒカリだったが、各産地がこぞって努力して品種改良を進めてきた結果、必ずしもそうとは言えない状態になっている」と話しています。


どう決める?食味ランキング

この食味ランキングは、日本穀物検定協会の職員のうち、専門の訓練を受けた100人の食味評価エキスパートが実際にお米を食べて各銘柄の評価を決めています。

最もおいしいとされる状態で試験を行うため、銘柄ごとにコメに含まれる水分を測定したうえで、最も適した水を加えて炊くようにしているほか、公平を期すために同じ炊飯器が使われます。

評価する際は、複数の産地のコシヒカリをブレンドした「基準米」と対象の銘柄を食べ比べて、味や香り、粘り、硬さなど6つの項目について、点数をつけます。そして、100人の点数を総合して、最上位の「特A」から順に「A」「A’」「B」「B’」まで5段階で格付けされます。

前の年に「特A」だった銘柄の評価が落ちた場合、念のため、同じ試験をもう1度行うことになっています。
新潟県魚沼産の「コシヒカリ」も2回、試験が行われましたが、いずれも「A」の評価にとどまったということです。

産地では残念の声

代表的な産地、南魚沼市の市民からは、評価が落ちたことが残念だという声が相次ぎました。

魚沼産のコシヒカリを食べ続けてきたという83歳の女性は「今まで魚沼産コシヒカリがずっとトップだったのでショックです。減反政策が終わったばかりなので、生産者の方はこれから大変だと思います」と話していました。

実家で魚沼産のコシヒカリを生産しているという27歳の男性は「魚沼産のコシヒカリは、地元にとっては大事な宝で、格付けが落ちたことはショックです。来年は巻き返してほしいです」と話していました。

67歳の女性は「魚沼産コシヒカリは日本一おいしいお米だと思っていました。格付けが落ちてしまったことは残念ですが、この地域の農家の方はきっとまたおいしいお米を作ってくれると思います」と話していました。

・平成29年産 ランク別表 PDF(日本穀物検定協会HP)
http://www.kokken.or.jp/data/ranking_rankbetu29.pdf


女性保護観察官、モデルで報酬…禁じられた兼職

2018年2月28日 19時11分 読売新聞
http://news.livedoor.com/article/detail/14367501/

 モデル活動で報酬を得たなどとして、東京保護観察所は28日、40歳代の女性保護観察官を減給3か月(100分の10)の懲戒処分とし、保護観察官の職を解いた。

 発表では、保護観察官は2014年6月~15年11月の7回、商品紹介などのモデル活動を行い、報酬として計11万2000円を得た。また、出張中や病気休暇中にモデルのオーディションを受けるなどした。保護観察官は、仮出所者らの更生などをサポートする国家公務員で、兼職が禁じられている。

 内部調査に対し、保護観察官は事実関係を認め、「定期的な報酬ではなく兼業にあたらないと思った。反省している」と述べたという。



このページのトップヘ


TOPProfile