Urban Robot Chocolat/アーバン ロボット ショコラ

カテゴリ: インターネット

マイニンテンドーストア、10月25日にスイッチ予約再開―次回は11月28日~12月3日お届け分

2017年10月18日 14時1分 インサイド
http://news.livedoor.com/article/detail/13764781/

マイニンテンドーストア、10月25日にスイッチ予約再開―
マイニンテンドーストア、10月25日にスイッチ予約再開―2


マイニンテンドーストアは、Nintendo Switchの予約受付を2017年10月25日12時頃より再開すると発表しました。

同ストアは、10月18日にNintendo Switchの予約受付を再開しましたが、今回も多数の購入希望者によってサイトが混雑したため、購入ボタンを押そうとすると、決済ページが表示されずニンゴジラが表示されていました。

なお、10月25日の予約分は11月28日~12月3日に届けられる予定です。

話題の「無線LANケーブル」は実在する

10/17(火) 8:05配信 ITmedia NEWS
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171017-00000017-zdn_n-sci

 「無線LANケーブルってなんだ」「ケーブルがあるのか無いのか、どっちなんだ」──Wi-Fiで使われている暗号化技術「WPA2」にセキュリティ上の弱点が見つかった問題を発端に、ネット上では“無線LANケーブル”と呼ばれる謎のケーブルが話題だ。実在しないはずの矛盾した名称にネットユーザーの笑いを誘っているが、実は無線LANケーブルと呼んでも、ある意味間違いではなさそう……な製品が実在する。

【画像】これが“無線LANケーブル”だ


●「無線LANケーブル」話題のきっかけは

 10月16日早朝、Wi-Fi(無線LAN)で利用される暗号化の仕組みに脆弱(ぜいじゃく)性が見つかったという情報がTwitter上で出回ったところ、「安全性を考え(ネットには)有線LANで接続したほうがいいのでは」という声がネット上に挙がっていた。そんな中、半ばジョークで「フリマアプリ『メルカリ』には、商品名に“無線LANケーブル”と書かれた商品が出品されているぞ」というツイートが話題に。

 商品の写真を確認すると、それは紛れもなく有線LANで使われるLANケーブルだ。おそらく出品者はインターネットに関する知識が浅く、「インターネットモデムと無線LANルーターを接続するケーブル=無線LANケーブル」という認識だったのだろう。分かる人にとっては思わずツッコミを入れたくなる内容ということもあり、同日中には国内で約3万件も“無線LANケーブル”に関する話題がツイートされ、Twitterでトレンド入りした。

 実はこの無線LANケーブルの関するネタ、2016年末にも話題になっていた。当時の該当ツイートは1万3000RTを超えており、“ネットスラング”として鉄板ネタであったともいえるだろう。

●「無線LANケーブル」は実在……する

 実在しない“無線LANケーブル”──名前から想像すると、「Wi-Fiの電波が飛ぶケーブル」といったところだろうか。……実は、まさにその通りの製品が存在している。

 例えば、東芝テックが販売している「ARESPO」(エリスポ)という無線LAN構築システムでは、「漏洩(ろうえい)同軸ケーブル」(LCX)と呼ばれるケーブルを使用している。無線LANルーターから発せられるWi-Fiの信号を、長いケーブルを通して遠くに伝達しつつ、同時に等間隔でケーブルに開けられた穴から電波をわざと漏らし、ケーブル付近で電波の送受信が行える機能を持たせたものだ。

 ケーブルに沿って細長い局地的な通信エリアを構築できるため、オフィスの一角や会議室にある特定の机の上だけで接続できる狭い通信エリアの無線LAN環境を構築可能。室内の電波干渉や壁の反射を抑え、安定した通信も期待できるという。

 漏洩同軸ケーブルは電波の届きにくい空間で無線環境を構築するために利用されることも多いケーブルの一種。長距離に対応するモデルを活用すれば、1つのアクセスポイントで最長680メートルまでカバーできるようだ。地下鉄のトンネルを走行する電車内で携帯電話の通信が利用できるのも、トンネル内に張り巡らされたケーブルから漏れる電波が車窓から入り込むおかげだ。

 実は身近なところで活躍している“無線LANケーブル”ならぬ、“漏洩同軸ケーブル”だった。
.
【関連記事】
WPA2の脆弱性「パッチで対応可能」 Wi-Fi標準化団体が見解
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1710/16/news114.html#utm_source=yahoo&utm_medium=feed&utm_campaign=20171017-17&utm_term=zdn_n-sci&utm_content=rel1-0

高速道路に誤進入、目立つ若年層 原因はナビアプリか?

2017年10月15日 19時32分 朝日新聞デジタル
http://news.livedoor.com/article/detail/13751879/

高速道路に誤進入、目立つ若年層 原因はナビアプリか?
自転車に乗りながらスマホアプリを利用し、案内に従って誤進入する人が増えている

 歩行者や自転車などが高速道路に誤って進入するトラブルが昨年度3678件あり、5年前よりも約4割増えていることがわかった。

 近年、若年層の誤進入が目立つ。国土交通省は、スマートフォン用の道案内ソフト(ナビアプリ)が誤誘導したケースが多いとみて、業者に改善を求めた。

 国交省によると、誤進入は2011年度は2598件だったが、14年度3338件、15年度3501件、16年度3678件と年々増加。半数は歩行者で、原付きバイクが約3割、自転車が約2割を占める。

 高齢者の認知能力の低下による誤進入が多いと思われがちだが、50歳以上の誤進入が11年度から16年度で約1・3倍に増えたのに対し、50歳未満の件数は約2・2倍に増えている。

 11~16年度の合計数を年代別に比べると、最も多いのは20代の3345件だ。次いで70代の3101件、60代の1649件、10代の1580件、30代の1542件となっている。

 誤進入の要因の一つに、急速に普及しているナビアプリの存在がある。

 首都高速道路では、誤進入の約17%はナビアプリが原因との昨年度の調査結果もある。アプリは多数の種類があり、無料でダウンロードできるものも多い。使用者が使い方を間違って、自動車向けの設定で利用したケースがあるほか、歩行者用に設定しているのに高速道路に誤誘導してしまうアプリもあるという。

 このため国交省と警察庁は7月、アプリの開発業者に対し、歩行者らを自動車専用道路や高速道路に案内しないよう求めた。同省のホームページ上でも周知し、利用者側へも注意を促している。高速道路各社も、出入り口に歩行者や自転車の進入を禁じる看板や警告灯を取り付けるなど、対策を進めている。(岡戸佑樹)


rss-Feed-icon_svg



FBでのやりとりにうんざりした中年がインスタに「移動」中

2017年10月15日 16時0分 NEWSポストセブン
http://news.livedoor.com/article/detail/13751243/

 画像共有SNSのInstagram(インスタグラム)の、日本の月間アクティブユーザー数が2000万人を突破した。2016年12月には1600万人だったので、わずか10か月で400万人も拡大したことになる。20~30代の女性が多数を占めるインスタグラムだが、最近になって40代や男性ユーザーも増加している。インスタグラム参加への動機には、フェイスブックのわずらわしさに嫌気がさしていることもあるらしい。

「Facebook(フェイスブック)がどんどん面倒になっていくので、若い子たちがインスタグラムにうつっていく気持ちがわかりますよ」

 友人と、そのまた友人によるタイムライン上のやりとりにうんざりしていると、洋一さん(47歳・団体職員)はため息交じりに話す。

「フェイスブックの趣味のグループに参加しています。そこでは、興味があるニュースや動画をシェアしてコメントしあって楽しんできたのですが、突然『勝手に動画を投稿しないでください』と強い口調で書き込んできた人がいました。みんな意味が分からなくて、どうしたんですか? と質問するのですが怒りの書き込みをするばかりで要領をえない。忍耐強い人のおかげで解決したのですが、そういったことがたびたび起きるので、フェイスブックでやりとりすることそのものが面倒になってきてしまいました」

 要領をえない怒りの書き込みに対し、忍耐強く何に困っているのか、どう解消したいのかを聞き出した人のおかげで、そのときの問題は解決した。自分もメンバーになっているグループへの投稿がタイムラインに表示されることを、他人が勝手に自分のスペースに動画を表示させたと思い込んでいたのだ。ここまでは、慣れない人にとっては仕方ないと思えた。しかし、その後のふるまいが洋一さんをうんざりさせた。

「使い方をよく調べなかったことと、勘違いが重なって困っていただけなのに、解決に導いてくれた人に御礼も言わない。それどころか、その後も似たような騒ぎを起こす。グループに加わってきたとき『定年になったばかりです。一年生の気持ちで日々、勉強です』と自己紹介していたんですけど、ちっとも学ばない。しかも、文字でも伝わる高圧的な態度なんです。その人の投稿みるのが嫌だというのもあって、フェイスブックそのものが面倒になってきました」

 同じような面倒くささを感じたのは、洋一さんだけではない。ワインの試飲会を開く友人たちと連絡をとりやすくするためにフェイスブックを始めた直子さん(38歳・会社員)も、最近はフェイスブックではメッセンジャーしか利用していない。

「お客さんからの友だち申請を断り切れずに承認して、しばらくは平気だったんです。その方が、定年になって嘱託勤務になり、時間ができたらしくフェイスブックを頻繁に更新するようになってからが面倒の始まり。私の名前がタグ付けされたワインの会の写真がアップされると『直子さん、毎日楽しそうですね』『お酒ばかり飲んではいけませんよ、直子さん』と名指しのコメントを必ずつけるんです。タグを外してもらっても、わざわざ探してコメントを残してゆく。そのたびに『いえいえ、そんなことないです』『久しぶりだったんですよ』といちいち返信していましたが、もう疲れました」

 近ごろは、フェイスブックをまったく更新せず、友人の投稿にも反応せず、まるでログインしていないかのように振る舞っている。

 洋一さんや直子さんのように、フェイスブックに疲れてしまった人の少なくない人たちが、代わりにインスタグラムを眺める時間を増やしている。

 以前は朝、昼、夜とフェイスブックをみていた洋一さんは、インスタグラムでは投稿はせず、もっぱらハッシュタグ検索して情報を集め、眺めている。

「ポスターや告知などの情報はインスタグラムでもけっこう見つけられます。コメントがあまり目に入らないのもいい。基本的に匿名だけれど、Twitterと違って攻撃的だったり高圧的な態度の人がほとんどいないのも心地よいです。自分から投稿することはほとんどありませんが、趣味にまつわるSNSには、こういう平和なものを自分は求めていたんだとわかりました。フェイスブックはディスコミュニケーションがよく起きて不快な思いをさせられることがたびたびあるので、だんだん利用頻度が落ちています」

 直子さんも、大好きなワインについてはインスタグラムでハッシュタグ検索して探すことが増えた。

「インスタグラムはきっちりしたグループが作られるのではなく、好きなものを中心に集まりやすい。アップした写真にコメントをもらっても、絶対に返さないとならない雰囲気じゃないので気楽です。フェイスブックと違って、匿名で通せるのもいいですね。匿名でも、ツイッターだとリプライを返せとしつこくされたり、悪意ある人たちの殺伐とした雰囲気に巻き込まれることもあるけれど、インスタグラムでそういうことはないですから」

 フェイスブックの月間アクティブユーザー数は世界で月間20億人超、日本では月間2800万人になる。日本でもっとも登録が多いのは30代と40代だが、利用者の裾野が広がるにつれ、さらに上の世代とのフェイスブックつきあいに疲れたとこぼすとは皮肉な状況だ。

 利用者が多く基本的に実名で登録するフェイスブックでは、SNSなのに職場と同じ忖度やビジネス「いいね」がの煩わしさが増していると伝えられてきた。とはいえ、フェイスブックで友だちを解除するのは露骨だし、登録を消すには煩雑な作業が必要になる。SNSで発生した不満は、別のSNS、たとえばインスタグラムで息抜きをする時代になってきたのかもしれない。

カズオ・イシグロ氏の作品 『あの大企業』が生まれるキッカケになった!?

2017年10月7日 17時47分 grape
http://news.livedoor.com/article/detail/13721599/

文学賞イシグロ氏「日本は私の一部」
カズオ・イシグロ氏の作品 『あの大企業』が生まれるキッカケになった!?

2017年のノーベル文学賞を受賞した日系英国人作家のカズオ・イシグロさん。

イシグロさんは1954年に長崎で生まれ、5歳の時に渡英、後に英国籍を取得しました。

『日本』と『イギリス』という2つの文化を背景に育ったイシグロさんとは、どのような作家なのでしょう。その人柄と、作品の魅力に迫ります。

イシグロ文学がAmazonを生んだ!?

世界的作家としての地位を確立していたイシグロさん。彼の小説を読み、感銘を受けた人物は世界中に数多くいます。

Amazonの創始者であるジェフ・ベゾスさんもその1人です。

【Amazon創業者】 ジェフ・ベゾスの心に刻みたい言葉・名言集
ジェフ・ベゾスさん

ジェフさんは、Amazonを創立する以前に勤めていた会社で、将来を約束された地位にのぼりつめていたといいます。

「仕事を辞めて、起業をすべきか」と悩んでいたジェフさんは、ある1冊の本と、運命的な出会いを果たします。

そのころベゾスはカズオ・イシグロの『日の名残り』を読んだところだった。執事が戦時下の英国で職業人として、また、人として生きた人生を振り返り、その選択についていろいろと思い悩む小説だ。

そのような本を読んで人生の岐路をふり返ることが頭にあったからだろう、自分がどちらに行くべきかを考えるにあたり、ベゾスは後悔最小化理論なるものをひねり出す。
書籍『ジェフ・ベゾス 果てなき野望』 ーより引用
なんと、ジェフさんの背中を押したのが、イシグロさんの代表作である『日の名残り』だったのです!

また、熱心な読書家のジェフさんは、Amazonを立ち上げ、会社を形作っていくにあたり、自身の愛読書を幹部や社員に広く薦めてきました。

ジェフさんの伝記『ジェフ・ベゾス 果てなき野望』の巻末に掲載された愛読書の中にも『日の名残り』は挙げられ、次のように記されています。


ジェフ・ベゾスが大好きな小説である。戦時中の英国で執事をしていた男がその時代をふり返る。

ノンフィクションより小説から得るものが多いとベゾスは言う。
書籍『ジェフ・ベゾス 果てなき野望』 ーより引用
『日の名残り』あらすじ

品格ある執事の道を歩んできたスティーブンスによって語られる、在りし日の伝統的な英国の姿。

英国最高の文学賞である『ブッカー賞』受賞作。

『日の名残り』は、12冊挙げられた愛読書の中で、唯一選ばれたフィクションの小説です。

ジェフさんにとって、とても大きな存在だということがうかがえますね。

映像化された作品も

イシグロさんの作品には、映像化されたものもいくつかあります。

中でも話題を呼んだのは、2016年に綾瀬はるかさん主演でTVドラマ化された『わたしを離さないで』(TBS系)。

ショッキングな設定と、続きの読めない展開に、毎週ハラハラとしながらドラマを観ていた人もいるのではないでしょうか。

『わたしを離さないで』あらすじ

謎めいた寮・ヘールシャムで、保護官と呼ばれる大人たちに見守られながら暮らす子どもたち。

毎週行われる健康診断や、特に図画工作に力を入れた教育を施されるのは、一体なぜなのか…。

キャシーという女性の独白で物語が展開していく本書には、謎がいっぱい。不思議な魅力にひきこまれ、ページをめくる手が止まらなくなる人もいるでしょう。

解説を担当した英米文学研究者の柴田元幸さんは、本書で次のように述べています。


と、まずは漠然とした言い方で賞賛したあとは、内容をもう少し具体的に述べるのが解説の常道だろう。だがこの作品の場合、それは避けたい。

なぜならこの小説は、ごく控えめに言ってもものすごく変わった小説であり、作品世界を成り立たせている要素一つひとつを、読者が自分で発見すべきだと思うからだ。

予備知識は少なければ少ないほどよい作品なのである(だからといって、再読に耐えないということでは決してないが)。
書籍『わたしを離さないで』 ーより引用
次から次へと予期せぬ展開が用意されている物語『わたしを離さないで』。興味がわいた人は、ぜひ読んでみてください。

2つの文化で育った稀有な作家

受賞理由として、情緒ある表現で『世界とのつながり』を幻想的に描いている点を挙げられたイシグロ文学。

イシグロさんは、2017年10月5日に行われた会見で、次のような発言をしています。


「英国育ちではあるが、私の物の見方、世界観には日本が影響している。私の一部はいつも日本人と思っていた」
産経ニュース ーより引用
続けて「日本に感謝したい」と述べたイシグロさん。小説を執筆する際に、日本文化の持つ繊細な感性やものの見方は大いに役立ったと語ります。

受賞に対して謙虚な姿勢を見せるイシグロさんは、元来穏やかで優しい性格なのだそう。

イシグロさんの人柄をよく知る親族の人は、次のように語っています。


「カズオは母親の性格をよく引き継いで、小さいときからニコニコと優しい子だった。母親が存命中の受賞決定で、親孝行ができたのではないか」
産経WEST ーより引用
大企業を創った経営者を始め、多くの人々に影響をもたらしたイシグロ文学。

ノーベル文学賞作家として、今後ますます『誰か』の背中を押すような、心に響く作品が生まれていくことでしょう。

[文・構成/grape編集部]

このページのトップヘ


TOPProfile