Urban Robot Chocolat/アーバン ロボット ショコラ

カテゴリ: 自然・科学

月の地下に長さ50キロの空洞 探査機「かぐや」で判明

10/18(水) 11:10配信 朝日新聞デジタル
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171018-00000029-asahi-soci

月の地下に長さ50キロの空洞 探査機「かぐや」で判明
月の空洞のイメージ

 月の地下に、長さ約50キロに及ぶ長大な空洞があることが、日本の月探査機「かぐや」の観測データから判明した。過去の火山活動で生じたとみられる。宇宙航空研究開発機構(JAXA)が18日、発表した。

【写真】月の表面にある「マリウス丘」(JAXAなど提供)

 空洞があるのは、月の表側にある「マリウス丘」と呼ばれる領域。2009年に観測を終えたかぐやが撮影した画像に、直径と深さがそれぞれ50メートルの縦穴が写っていた。

 電波を使って得た周辺の地下構造のデータを、16年から詳しく調べたところ、この縦穴から西に向かって、幅100メートルほどの空洞が約50キロにわたって続いていることがわかった。内部は崩壊しておらず、地中の岩石などに氷や水が存在する可能性もあるという。

 月では約10億年前まで大規模な火山活動があったと考えられている。火山活動で溶岩が流れ出ると、表面は冷えて固まるが、内部は熱いまま流れ続ける。発見された空洞は、溶岩の通り道となった「溶岩チューブ」とみられる。

 将来、月の有人探査でこの空洞を基地に利用できれば、宇宙放射線や厳しい温度環境の影響を和らげることができ、氷や水を燃料などに活用できる可能性がある。

 JAXA宇宙科学研究所の春山純一助教は「広がりが期待できる縦穴はほかにもある。将来的に基地を作るにも絶好の適地」と話している。

 論文は米地球物理学連合の専門誌ジオフィジカル・リサーチ・レターズ(電子版)に掲載された。(田中誠士)


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

引っ越ししない新種ヤドカリ 宿はサンゴ、京大教授ら発見

10/17(火) 16:24配信 京都新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171017-00000055-kyt-sctch

、「スツボサンゴツノヤドカリ」
新たに見つかったサンゴの中に住む「スツボサンゴツノヤドカリ」(井川さん提供) =
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2017/170920_1.html

 ヤドカリと言えば、貝殻を背負って砂浜をよちよち歩いている姿を思い浮かべる人は多いはず。そんなイメージを覆す発見を京都大の研究者たちが発表した。鹿児島県の奄美群島で、小さなサンゴを背負って歩く新種のヤドカリを見つけたというのだ。
 京都大人間・環境学研究科の加藤真教授と元大学院生の井川桃子さんが発見した「スツボサンゴツノヤドカリ」。直径約1センチ、高さ約1センチの渦巻き形のスツボサンゴをすみかとしていることから名付けた。スツボサンゴは、群体としてサンゴ礁を作る種類とは違い、一つの個体だけで生活する。ヤドカリ自体も体長約1センチと比較的小さな部類という。
 スツボサンゴはインド洋から太平洋の熱帯に生息し、ヤドカリとは違う動物であるホシムシと共生関係を結んでいることが知られていた。スツボサンゴが毒のある触手を出して外敵を退ける一方で、ホシムシはスツボサンゴを引きずって移動し、砂に埋まることを防いでいる。
 2012年、加藤教授が奄美群島の近海の生態調査をしていた時、水深約50メートルの海底から引き上げた網の中にスツボサンゴを見つけた。水槽に入れて数日観察していると、頭部やハサミが出てきた。「サンゴの中に暮らして移動するヤドカリはこれまで知られていなかったのでびっくりした」と振り返る。
 以後、井川さんらとほかの個体の採取を続けて水槽で生態を観察。ヤドカリがサンゴの中で暮らし、砂の中にサンゴが埋まるのを防いでいることも確認した。奄美群島ではいずれかの時期に、一部のスツボサンゴと共生関係を結ぶヤドカリが出現したと考えられるという。
 加藤教授によると、サンゴは成長するためヤドカリが大きくなっても「引っ越し」する必要はないとみられる。自分の体に合った殻を探す手間や、すみかを巡る他の個体との争いに巻き込まれるリスクが少なくなるという。「奄美群島の海には、未知の生き物がまだまだ潜んでいるようです」
 論文は米科学誌プロス・ワンに発表された。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ペンギンのひなが大量餓死、残ったのは2羽 南極の営巣地

CNN 2017.10.14 Sat posted at 14:19 JST
https://www.cnn.co.jp/fringe/35108777.html?tag=top;subStory

ペンギンのひなが大量餓死、残ったのは2羽 南極の営巣地
ペンギンのひなが大量餓死

(CNN) 南極大陸の「アデリーランド」と呼ばれる地域で、ペンギンのひなが大量に餓死し、生き残っているのはわずか2羽の営巣地があることが14日までに分かった。ここではアデリーペンギンのつがい1万8000組以上が生息している。

世界自然保護基金(WWF)によれば、営巣地の周辺に季節外れの大量の海氷が出現したことを受け、大人のペンギンは食料を探すため通常よりも遠くまで移動することを余儀なくされていた。

WWFの極地プログラム責任者であるロッド・ダウニー氏は、「今回の衝撃的な事態は多くの人がペンギンに関して抱いているであろうイメージと大きく異なる」「ペンギンのひなの死骸がアデリーランドの海岸に散乱している状態だ」と述べた。

ダウニー氏によれば、今回の壊滅的な事態の影響はこの営巣地のみに限定されている。南極地方は今後温暖化が進むと予想されており、長期的には別の課題が生じる可能性もあるという。

この営巣地が繁殖期に大きな打撃を被ったのは近年で2度目。4年前には、降雨の後に突然の寒波が襲来したことを受け、ペンギンのひなが凍死で全滅する事態も起きていた。

アデリーペンギンはオキアミを主食としていて、専門家からは周辺海域を漁場として開放するとペンギンの生息を脅かすとの懸念の声も出ている。来週にはオーストラリア・タスマニア州ホバートで、環境団体や当局者が新たな海上の保護区域の設定を検討する会議が開かれる。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

100頭以上のカバが大量死、炭疽か? ナミビア

10/13(金) 18:40配信 ナショナル ジオグラフィック日本版
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171013-00010002-nknatiogeo-sctch

100頭以上のカバが大量死、炭疽か? ナミビア

(Anthrax Kills More Than 100 Hippos and 10 Buffalos In Zambezi. Isai Sipunga )

死んだカバが池の中で横向きや仰向けに倒れている。ナミビア政府は、この突然の大量死は炭疽によるものではないかと考えている。(PHOTOGRAPH BY NEW ERA PUBLICATION CORPORATION)

わずか1週間で多数のカバが犠牲に、死骸は国立公園に点在

 とてもショッキングな光景だ。

 アフリカ南西部に位置するナミビアで、たくさんのカバが横向きや仰向けになって死んでいる。地元の人々の間でさらに動揺が広がっているのは、この大量死が非常に短い時間で起きたからだ。

【写真】落雷でトナカイ300頭以上が大量死、ノルウェー

 ナミビア環境・観光省で課長代理を務めるジョンソン・ンドコショ氏によると、死んだカバが初めて見つかったのは10月1日。それ以来、アンゴラとボツワナにはさまれたナミビア北東の回廊地帯に位置するブワブワータ国立公園の西部で、少なくとも100頭のカバが死んでいることがわかった。

「ここしばらくは起きていなかった現象です」とンドコショ氏は話す。今のところ、これは以前にも同じような大量死を引き起こした、ある細菌によるものではないかと考えられている。

 省の担当者は、電話での取材に対して「炭疽(たんそ)菌が原因ではないかと考えていますが、まだ確認はできていません」と答える。まだ分析の最中であるとしながらも、担当者は炭疽(炭疽症)を防ぐのは難しいことを強調する。

 ンドコショ氏も、「できることは多くありません」と語る。「野生生物を移動させることはできませんから」

 報告によると、被害はアフリカスイギュウにも及んでいるようだ。だが、ンドコショ氏によると、カバが大量死した場所は国立公園の中でも僻地にあり、家畜が飼われている場所からは遠くはなれているため、炭疽が広まる可能性は大きくないという。

 2004年には、ウガンダで200頭近くのカバが炭疽により死んだ。このときは、研究者による正式な診断が行われるまでに何カ月もかかり、少なくとも10人が死んだカバの肉を食べて死んでいる。
.

炭疽の感染源

 炭疽は、炭疽菌(学名:Bacillus anthracis)という細菌によって引き起こされる。自然環境では、水位が下がったときにこの細菌と接触することがあるとされる。炭疽菌は生物兵器として利用できる可能性があることで知られているが、自然界においては土壌の中に存在し、何十年も気づかれずに残存し続ける。

 米国疾病予防管理センター(CDC)によると、炭疽菌は芽胞(がほう、菌が非常に高い耐久性を持つ状態)を形成できる。芽胞が生きた有機体に入り込むと、「活性化」して増殖し、体中に広がって極めて重篤な疾患を引き起こす。その場合、適切な治療を行わなければ死に至る。

 地元紙「New Era」には、ナミビア国立公園・野生生物局で課長を務めるコルガー・シコポ氏へのインタビューが掲載されている。シコポ氏は、川の水位が下がったために炭疽菌が含まれる土壌が露出し、それが大量死につながった可能性があると話している。

 政府は、地域の住民に死んだカバの肉を食べないよう呼びかけるとともに、炭疽の流行を防ぐためにカバの死骸を焼却する作業も進めている。「動物に被害が出ていることは残念ですが、住民の健康については心配していません」とンドコショ氏は話す。

 ただ、カバは国際自然保護連合(IUCN)によって「危急種(vulnerable)」に指定されている。ナミビア周辺には3300頭ほどのカバが生息しているとみられる。

 ブワブワータ国立公園は、アフリカ南部で最大の淡水湿地帯で、たくさんの野生動物が暮らすオカバンゴ・デルタのすぐ北に位置する(ナショナル ジオグラフィックは、オカバンゴが長期にわたって環境を維持できるように支援を行っている)。

 カバの大量死に関する分析はまだ継続中だ。詳細がわかり次第、続報をお送りしたい。
.
文=Sarah Gibbens/訳=鈴木和博
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

富山湾にクリオネ新種=最大5ミリ、日本海固有か

2017年10月12日 18時23分 時事通信社
http://news.livedoor.com/article/detail/13739294/

富山湾にクリオネ新種=最大5ミリ、日本海固有か
富山湾で発見された新種のクリオネ(富山大提供)



 富山大は12日、「流氷の天使」と呼ばれる巻き貝の仲間クリオネの新種が富山湾の深海で見つかったと発表した。楕円(だえん)形をしており、体長は最大で約5ミリ。クリオネは日本近海では北海道沿岸が生息域の南限と考えられており、新種は日本海固有種の可能性が高いという。

 富山大などは昨年8月、富山湾で新種らしきクリオネを発見し、遺伝子を解析。今月上旬に改めて調査し、水深約250~1050メートルで理学部の研究チームが約100匹を発見した。深海の水温は2度以下だった。

 他の種類のクリオネは体長1センチを超えるものもあるが、新種は小さいのが特徴という。 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ


TOPProfile